衣笠泰介ブログ

ニューヨークチェルシーのギャラリーで衣笠泰介個展Trip Taisuke Kinugasa Exhibition開催。2014年12月18日から。

   

雨が上がったお昼前、いつもの二条城へのランニングコースには、木の葉がヒラヒラと舞い、御池通りの歩道を美しい秋模様に染めていました。観光客で溢れた京都の町にもいよいよXmasが近づいてきます。そんな12月、衣笠泰介個展がNYチェルシーのhpgrpギャラリーroomBで開催されます。
衣笠泰介NYの個展準備中
この個展は今年1月にNew Yorkのhpgrpギャラリーで開催されたzeroart現代美術展で衣笠泰介が受賞したことにより、画廊から機会をプレゼントされたものです。その時のニュースと批評文です。

Announcement of award winners
hpgrp GALLERY NEW YORK is pleased to announce of th award winners of the Zeroart
The winner is Taisuke Kinugasa and Yuko Otsuka.
These two artists will be offered an opportunity to have a solo exhibition at the gallery in December 2014 and $500 as a prize.
Also Mizue Hasuo and Enkyo Oguma are awarded a gallery and jury’s special prize.
These two artists will be received $300 as a prize.

Comments from the judge

Dominique Nahas (Independent curator and critic/NY Editor-dART International)

Taisuke Kinugasa Assorted Nuts –oil on canvas

I admired the complex and sensual work Assorted Nuts by Taisuke Kinugasa. The artist takes as subject a prosaic item from the real world: acomestible presentation box of sundry nuts. The artist then proceeds through the alchemy of painting to magicalizes the everyday object through an intensification of surface values and compositional incongruities. Taisuke Kinugasa skillfully weaves together the sensual world of geometry with an equally eroticized world of pure color and painterly energies that does not rely exclusively on a coded system of mimetic to make it felt and known. The result in Assorted Nuts is a convincing work that alludes in a gentle and way to the world of visual appetite and the world of pleasure and consumption if not consumerism. Kinugasa, while applying the emblematic tendencies of Pop Art uses the pictorial surface to scramble a pre-existing code of legibility. Assorted Nuts sustains a double reading. The first is that of near – representation (as it outlines the boxy shapes that forms the interior cavities of the presentation box imprinted with logos and words. The other modality is that of near-abstraction or quasi abstraction in which we see a world where soft geometry is melded with a non-systematic and fluid world that encircles or frames a focused and centralized area. The end-result is that the artist takes into account a regime of resemblance while tethering it to a willful sensuality that seems to overwhelm the pictorial plane itself.

– See more at: http://www.zeroartjapan.com/announcement-award-winners-1/#sthash.aZPrfpz3.dpuf

当時New York在住で、泰介の作家活動を応援してくださっている翻訳家のN・Sさんが、ちょっと難しい批評文を翻訳してプレゼントしてくださいました。ここに掲載します↓

 衣笠泰介の「ナッツの詰め合わせ」は複合的かつ官能的な作品である。ナッツの詰め合わせ入りギフトボックスというごく平凡なものを題材に、色彩の強調および構成の不調和により、このありふれた対象を不思議な魅力あるものに描いている。幾何学的配列が官能的な世界に、ピュアな色と絵画的エネルギーという同じくエロチックな世界を巧みに混在させている。後者は、感じとって理解してもらうための模写、というコード化された手法だけには頼っていない。そうして完成した「ナッツの詰め合わせ」は、視覚的な欲望とか、消費主義とまではいかないにせよ、食べる喜びといったものをそれとなくほのめかす力のある作品となっている。衣笠は、ポップアートの象徴的(表象的?)傾向を用いてはいるが、絵画的表面(キャンバスのこと?)の利用で、わかりやすい既存コードにスクランブルをかけている。「ナッツの詰め合わせ」はふたとおりに解釈できる。ひとつは近・具象絵画として。ロゴや文字が入ったギフトボックスの中を仕切っている四角い線などそうだ。もうひとつは近・抽象あるいは準抽象絵画としてで、やわらかな幾何学的配列が、焦点となる画面中心部を縁取るように囲んでいる不規則で流れるような背景と融合しているのがわかる。要するに、衣笠は、似せて描くという手法を踏まえつつも、その手法を意図的官能性とでも言うべきもので制限しているのだ。それは、この画面そのものを圧倒するほどの官能性である。
Dominique Nahas (Independent curator and critic/NY Editor-dART International)

翻訳家のN・Sさんは、スペインに移住されたので、12月のNew York個展を見ていただけないのは、とっても残念だな〜。でもスペインでも以前から泰介作品をPRしてださってるんですよ。無名の作家を後押ししてくださって、感謝しています。N・Sさんは、美しい読みやすい日本語翻訳でたくさんの本を出されています。私は代表的日本人という内村鑑三の著書訳を読んですっかりファンになりました。Amazonで購入できますよ。http://www.amazon.co.jp/代表的日本人-いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ4-内村-鑑三

衣笠泰介の1月zeroart受賞作品 ナッツの詰め合わせ DEEN&DELUCA

Assorted Nuts Taisuke Kinigasa

今年1月の現代美術zeroart展の模様。いつも泰介がNew Yorkでのグループ展や作品展示をするとき、必ず見に行ってくださる素敵なジュエリーアーティストDozono Marikoさんからいただいた写真です。
受賞したzeroart展

hpgrp gallery New Yorkの入っているチェルシー地区のビル。たくさんの画廊がここにもあります。New Yorkのお友達、矢野久美さんが1月のzeroart展に駆けつけ、送ってくれた写真の1枚です。
hpgrpギャラリーのあるチェルシーのビル

1月に受賞の知らせを聞いたときは、まさかまさか!と椅子から転げ落ちそうになりました(笑)。でも日本の公募展でしばしばあるように、プロフィールや経歴・作家の背景などは何も関係なく、シンプルに「絵」だけを見て選んでいただけたことが、心底感激でした。

それから10ヶ月がたち、いよいよ12月個展の開催です。オープニングは18日の6時から。泰介&ファミリーと友人たちも参加します。シルクドレス作品でコラボレーションしている立松節子さんもNew Yorkにきてくださいます。New York在住の方や旅行や出張される方、オープニングにぜひお越しくださいませ。
衣笠泰介NY個展画像
「Trip」 Taisuke Kinugasa Exhibition in New York
2014. 12.18 – 2015.1.16
Opening reception: 2014.12.18. 6pm-8pm
hpgrp gallery New York Space B 

529 West 20th St. 2W, New York NY 10011
Tues – Sat: 11am – 6pm
closed on Mon & Sun
closed 2014.12.25-2015.1.5
http://hpgrpgalleryny.com/
t.212.727-2491
f.212.727-7030
日月休み
年末年始休廊

 -衣笠泰介作品

  関連記事

衣笠泰介油彩画バラのブーケ

2017 も楽しくART!! “ TAISUKE WORLD’17 ”最初は銀座巡回個展 1月30日-2月4日。

久しぶりに雪が降る寒い今日の京都。何が降っても、いつものように走る描くの泰介です。2017は、1月3

衣笠泰介カレンダー

Taisuke Kinugasa 2018 カレンダー制作中

2018年カレンダー、いつものデザインで試行錯誤制作中です。2017年の都道府県魅力度ランキングは、

NYgiftチョコレートTiauske Kinugasa

Taisuke Kinugasa paintings 「衣笠泰介ペインティングス」展,ゴールデンウィークに開催。4/28(火)~5/10(日), Gallery Little House(四条室町)

「衣笠泰介ペインティングス」展 日程   4/28(火)~5/10(日) 会期中無休 会場   Ga

平成御霊絵図、京都 御霊神社に2018年12月5日制作奉納させていただきました。

あけましておめでとうございます。2018年も沢山のご縁に恵まれ、楽しく活動をさせていただき心から感謝

衣笠泰介 絵画

Taisuke Kinugasa 2018夏のディスプレイ記録

ブログ更新、ご無沙汰しています。ギャラリーミラクルのある京都はすっかり秋。青空が続きます。衣笠泰介は

衣笠泰介がペイントした網代バッグ

コラボペインティングのアートな和小物たち

アクリル絵の具は楽しい!木、アクリル、タイル、Tシャツ、石膏、竹… あらゆるものに描けて、水に強く、

和紙バッグGOLD衣笠泰介ペイント

強くてしなやかな美濃和紙に1色だけで描く…。SACRA×衣笠泰介の手描きクラッチバッグ。

和紙は昔は雨合羽(レインコート)に使われたというように、丈夫で日本人の日常に欠かせない紙でした。そも

衣笠泰介もペイントTシャツ

TAISUKE Tシャツがインテリアグッズに

秋晴れが続きます。アウトドアも心地いいけど、秋服衣替えにあわせて、お家の中もオータム仕様にしたい気分

恐竜ティラノザウルス衣笠泰介

8月から11月の衣笠泰介展は、大阪・東京・沖縄・京都のカフェやギャラリー、全国4カ所で開催されます。

ティラノザウルス2016 暑い暑いっ!と、もはや口癖になっている昨今ですが、それでもどこか秋の気配が

セントラルパークから五番街方面を見る

Taisuke が描くTrip。衣笠泰介ニューヨーク個展1月16日までhpgrp gallery NYで開催中。

2015新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。12月に始まった衣笠泰介ニューヨーク個

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アートコラボ 衣笠泰介 コンランショップ model’SLINK
ザ・コンランショップ丸の内店と新宿本店にデビューしたMODEL’SLINKとアートコラボし、衣笠泰介作品も展示されています。

ザ・コンランショップに、5月31日 ファッションブランドMODEL’SLINKがデビュー、泰介アート

スターバックス松井山手欽明台店 衣笠泰介作品
この春オープンしたスターバックス松井山手欽明台店に、衣笠泰介のアート「コーヒーパラダイス」が展示されています。

2019年春にオープンしたスターバックス松井山手欽明台店は、とても広い敷地内、ドライブスルー付きも大

平成御霊絵図、京都 御霊神社に2018年12月5日制作奉納させていただきました。

あけましておめでとうございます。2018年も沢山のご縁に恵まれ、楽しく活動をさせていただき心から感謝

カレンダー 衣笠泰介
Taisuke Kinugasa 2019カレンダー、例年デザインで制作発売しました。

2019年も例年のデザインで、今年の絵画によるカレンダーを制作しました。カレンダーは西暦表記ですが、

衣笠泰介 絵画
Taisuke Kinugasa 2018夏のディスプレイ記録

ブログ更新、ご無沙汰しています。ギャラリーミラクルのある京都はすっかり秋。青空が続きます。衣笠泰介は