衣笠泰介ブログ

衣笠泰介絵画展「Miracle」@沖縄 RYCOM ANTHROPOLOGY プラザハウスショッピングセンター3F 10月8日〜10月23日まで開催

      2016/10/22

2016年10月8日より沖縄市で衣笠泰介展が開催されます。開催場所のプラザハウスは沖縄市 コザに1954年に誕生した日本最古といわれるショッピングセンター。国道330号沿いにあり、米国施政下にアメリカ人により運営されたそうで、今なおアメリカ的ムードが色濃い異国情緒あふれるショッピングセンターです。その3階にある開催場所のギャラリー“Rycom Anthropology”は、写真の常設ソーンほか2つのゾーンからなるとても広いギャラリーです。
ライカムアンソロポロジー
プラザハウスには、パリやミラノからファッションやアクセサリーを直輸入するロージャースや、本格広東料理やインド料理、輸入食品ストアなど、コアなショップやレストランがいっぱいで、まるでハワイにいるかのような雰囲気…。“Rycom Anthropology”はプラザハウス内3Fにあり、琉米文化や感慨深い沖縄の歩みを映し出す写真が多く常設展示されており、センス抜群のミッドセンチュリーなインテリアや雑貨も販売されています。ライカム (RyCom) とは、かつての琉球米軍司令部(Ryukyu Command headquarters) の通称だそうで、その地名も残っています。
衣笠泰介展@沖縄DM

出品作品は、100号作品シリーズほか40点を予定、Pagong亀田富染工場でライブペイントさせていただいた25mの手描き友禅布もインスタレーション展示されます。沖縄に旅行を予定されている方、在住の皆様、ぜひお立ち寄りくださいませ。

衣笠泰介展DM@沖縄

[プレスリリースより]
沖縄市で衣笠泰介展
<会期>2016年10月8日(土)〜10月23日(日)/11:00〜19:00
<入場料>入場無料
<会場>プラザハウスショッピングセンター3F ライカムアンソロポロジー

ダイナミックでカラフルな色彩が魅力の
京都出身の画家・衣笠泰介の沖縄初個展を開催!
沖縄を題材にした描き下ろしの新作も多数発表します。
キラキラと輝くような世界観をご堪能ください。
【プロフィール】
衣笠泰介(Taisuke KINUGASA) 1989年京都生まれ WEB:taisuke-kinugasa.com/blog
■個展
ギャラリーミラクル(2008年 京都)/ギャラリーCAS0(2011年 大阪)/ギャラリーすずき(2013年 京都)/グランフロント大阪北館ウメキタフロア(2014年 大阪)/ギャラリー黎(2014年 京都)/hpgrpギャラリー(2014年 ニューヨーク)/ギャラリーリトルハウス(2015年 京都)/ベル(2015年 札幌)/ラテスト表参道(2015年 東京)/CONTINENTAL GALLERY(2016年 札幌)/カフェpotto(2016年 大阪)

■グループ展
CAFNびわこ展(2011年 大津)/ハンガリー日本交流展(2011年 ハンガリー・ブダペスト)/日韓絵画交流展@ソンナムアートセンター(2012年 韓国・ソンナム)/杜の美術館・日吉大社芸術祭2013(2013年 大津)/Zeroart Japanese Contemporary Art 2014受賞展@hpgrpfギャラリー(2014年 ニューヨーク)/御堂筋そぞろ歩き展(2015年 大阪)/久保多恵子&衣笠泰介展@大丸神戸店(2016年 神戸)/川尻潤×衣笠泰介展@白沙村荘橋本関雪記念館(2016年 京都)

■プロジェクト
絵馬制作(京都御苑内白雲神社 2011年)/手描き友禅25mライブペイント(Pagong亀田富染工場 2014年)

■企業コラボレーション
オンワード樫山/和小物さくら/原染工

■受賞歴
全日本アートサロン絵画大賞展入選(2009年、2013年)/第36回昭和美術界展入選(2010年)/ニューヨーク現代美術Zeroart展優秀賞(2014年)

■常設展示
ギャラリーミラクル

【作家解説】
衣笠泰介は、自閉症という側面を持ちつつ、幼少より独学で絵画制作を始め、これまで数多くの個展やグループ展において作品を発表し、また様々なコンクールで受賞を重ねてきました。この画家について特筆すべきものは、生来の稀有な知覚による際立った色彩感覚であり、さらにいえば、自らに備わったプリズムの如き感性的メカニズムによって、感知した光(対象)を増幅された多彩な色の集合体へとダイレクトに転換、描出する業といえます。画面上では、純度の高い色彩が生み出すコントラストとリズムが自律した生動感を生み出し、装飾性を伴う自由な画面構成とあい まって、観る者に新鮮な驚きと屈託のない楽しさを喚起させます。
この人とともに在る光の世界を、果たして私たちも享受できるのでしょうか。他者の記憶や解釈から心地よく遊離したこのマジカルな色彩世界は、この画家にだけ与えられた光の国からの啓示であり、いわば、祝福された絵画といえるかもしれません。  (H.MIYATAKE)

【お問合せ】
RYCOM ANTHROPOLOGY(ライカムアンソロポロジー) 担当:波平(なみひら)/松田
〒904-0023 沖縄市久保田3-1-12 プラザハウスショッピングセンター 3F
TEL:098-933-1142/E-mail:rycom-a@plazahouse.co.jp

出品作品より

シェムリアップのカフェ Cafe in Siem Reap
衣笠泰介シェムリアップのカフェ
TOYOTA2000GT
衣笠泰介油彩画トヨタ2000GT
PLAZA HOUSE
プラザハウス衣笠泰介油彩画
option画像
この7月にはTHE SAPEURの写真展も開催され、コンゴから本物のサプールたちも来沖して、プラザハウスでは素敵なパーティーもが開催されたそうです。パーティーには、泰介がペイントしたデニム着物姿で、泰介ペイント製品常設でお世話になっているロザンさんが参加され、素敵な写真を送ってくださいました。
衣笠泰介着物

 -衣笠泰介作品

  関連記事

衣笠泰介 Taisuke Kinugasa 香水

2016年2月-3月は、神戸大丸展・銀座巡回個展・表参道LATTEST展ほかでTaisuke Kinugasa展が開催されます。

2月3月は、神戸や東京ほかで衣笠泰介個展やジョイント作品展が開催されます。 お近くの方は、ぜひ各地の

衣笠泰介ペイントSACRAバッグ

同じ形のバッグに14種類の絵を描く。コラボレーションペインティング覚え書き。

鉛筆をはじめて持ったときからずっと、絵を描くことは、食事をするのと同じくらい、生活の一部でなくてはな

京都御所内白雲神社の妙音弁財天衣笠泰介作

京都御苑内白雲神社の妙音弁財天絵馬、今日も元気!百年後もピカピカ輝くよ!

ある日、お友達で、京都御苑内の白雲神社の氏子さんであり、衣笠泰介絵画ファンである玉置利枝子さんと一緒

メトロポリタン美術館前衣笠泰介作

6月は大阪御堂筋がアートストリートに!「 2015御堂筋そぞろ歩きアート展」6月1日~6月30日

6月1日~6月30日に大阪の御堂筋で、今までにないアートイベント「2015 御堂筋そぞろ歩きアート展

恐竜ティラノザウルス衣笠泰介

8月から11月の衣笠泰介展は、大阪・東京・沖縄・京都のカフェやギャラリー、全国4カ所で開催されます。

ティラノザウルス2016 暑い暑いっ!と、もはや口癖になっている昨今ですが、それでもどこか秋の気配が

京阪エージェンシー衣笠泰介絵画より

京阪グループの広告会社 京阪エージェンシーの企業オフィシャルサイトに衣笠泰介絵画が採用されています。

京阪グループの広告会社京阪エージェンシーの企業ホームページに衣笠泰介作品を採用いただき公開されました

衣笠泰介NYの個展準備中

ニューヨークチェルシーのギャラリーで衣笠泰介個展Trip Taisuke Kinugasa Exhibition開催。2014年12月18日から。

雨が上がったお昼前、いつもの二条城へのランニングコースには、木の葉がヒラヒラと舞い、御池通りの歩道を

衣笠泰介油彩画 LATTEST表参道

LATTEST omotesando 衣笠泰介6月展 6/15-6/28

ラテスト表参道で、新作油彩画中心に約22点を展示、時計や手描きクッション、プリントバッグ、絵皿など、

ハイヒール衣笠泰介油彩TAISUKEKINUGASA

7月-8月に開催の作品展 Taisuke Kinugasa paintings 東京・京都・札幌・大阪

7月7日まで、衣笠泰介展 LATTEST表参道で開催中です。沢山のご来場やメッセージ、ご投稿などあり

香港シンフォニーオブライツ

7日からギャラリー北野坂で日韓絵画交流展

神戸のギャラリー北野坂で、10月7日から12日まで日韓絵画交流展です。尊敬する作家初田寿さんが代表を

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

平成御霊絵図、京都 御霊神社に2018年12月5日制作奉納させていただきました。

あけましておめでとうございます。2018年も沢山のご縁に恵まれ、楽しく活動をさせていただき心から感謝

カレンダー 衣笠泰介
Taisuke Kinugasa 2019カレンダー、例年デザインで制作発売しました。

2019年も例年のデザインで、今年の絵画によるカレンダーを制作しました。カレンダーは西暦表記ですが、

衣笠泰介 絵画
Taisuke Kinugasa 2018夏のディスプレイ記録

ブログ更新、ご無沙汰しています。ギャラリーミラクルのある京都はすっかり秋。青空が続きます。衣笠泰介は

衣笠泰介アクリル画
はじめてのTaisuke World展2008 から10年!! これからも、楽しくカラフルな世界を描いてまいります。

爽やかなお天気が続きますね。2018年も早くも5月。泰介の作家活動は、2008年ギャラリーミラクルの

衣笠泰介油彩画 ウェディング
2018 新年おめでとうございます。今年もカラフルHappyな夢を!

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。 昨年は各地8回の個展を通じて